• HOME
  • サービスメニュー

サービスメニュー

危険運転をリアルタイムで「見える化」し、事故削減に貢献するため、
多様な機能をご用意しました。

【基本サービス】

リアルタイム危険運転通知

危険運転が発生した際に、登録した管理者宛に通知メールを送信。
メールには6秒間の静止画映像がリンクされ、通知後の迅速な対応につなげられます。
さらに詳しく状況を把握したい場合は、Web上からアップロードの要求を行い、20秒間の動画で確認することも可能です。

図

SDカードの抜き差し不要で、危険運転の状況がすぐにわかります

6秒の静止画 危険運転の状況を詳しく確認
6秒の静止画

20秒動画受信
20秒動画受信

6秒の静止画により、危険運転の状況を素早く確認できるため、社内全体の危険運転を効率良く把握できます。なかでも詳細な確認が必要なものは、任意で20秒動画を受信するなど、状況に応じた使い分けが可能です。

画像認識機能の追加で、こんな危険運転も「見える化」

  • 赤信号の無視

    赤信号の無視

    赤信号を検知した際に、社用車の走行を感知したまま通過すると、停止しなかった可能性があるとして管理者へ6枚の画像付きメール通知を行います。

  • 速度標識の速度を大幅に超過

    速度標識の速度を大幅に超過

    速度標識を検知し、一定の速度を超過して走行していた場合は、管理者へ2枚の画像付きのメール通知を行います。

  • 一時停止標識の無視

    一時停止標識の無視

    一時停止標識を検知し、停止せずに走行した疑いがある場合は、管理者へ6枚の画像付きのメール通知を行います。

※オプションサービスの「動画通信」の利用により、動画による確認が可能です。
※画像認識機能は条件によって作動しない可能性があります。詳しくはこちらを参照ください。

速度超過の発生時もメールで即時通知します 速度超過の発生時もメールで即時通知します
クリックで拡大します

速度超過の発生時もメールで即時通知します

設定速度を超えて20秒間走行すると、速度超過として記録が残ります。
高速道路走行の場合は、管理者にメール通知もされます。スピードを出しがちなドライバーには設定速度を厳しくするなど、 個別に設定値を変更することも可能です。

危険運転データ閲覧

危険運転データ閲覧 クリックで拡大します

発生日時、危険運転種別、発生地点(ゼンリンの地図データと連携)をWeb上で一覧表示し、確認できます。

グループ分析

グループ分析 クリックで拡大します

確認したい項目(走行時間、危険運転回数、速度超過回数等)を期間別に集計、グラフ表示できます。
ログデータとしてCSV出力できますので、自由にご利用いただけます。

安全/エコ運転分析

安全/エコ運転分析 クリックで拡大します

運転データ(アイドリング時間、危険運転回数など)を元に、ドライバーの日々の運転を100点満点で評価・レーダーチャートで表示します。

運行日報・運行経路

運行日報・運行経路 運行日報・運行経路 クリックで拡大します

各ドライバーの日々の運行状況(走行時間、走行距離、危険運転回数など)と危険運転イベント映像、運行経路を閲覧できます。

【オプションサービス】

動画通信

動画通信 クリックで拡大します

危険運転6秒動画 危険運転6秒動画

危険運転(ランク1~6)および緊急通報(緊急通報ボタン押下)時に、音声付の6秒動画のリンクをメールに貼り付けて通知します。動画により発生前の状況を流れで確認できることで、ポイントを抑えた安全運転指導が可能です。

車内カメラ

車内カメラ

クリックで拡大します

車内状況の把握が可能です。危険運転時にもドライバーの挙動を正確に把握できるため、より確実な安全運転指導につながります。

車内の6秒動画の例 車内の6秒動画の例

オプションサービスの「動画通信」と一緒に利用する場合は、6秒間の動画で確認できます。

動態管理

ドライブレコーダー内のGPSセンサーから定期的に位置情報を通知し、全ての管理車両の位置、状態(走行中/エンジンOFF、車両情報)を確認できます。訪問が必要な拠点に近い車両の検索や、災害/事故発生時の安否確認/BCP対策ツールとして活用いただけます。

動態管理

動態管理

動態管理

クリックで拡大します

アルコールチェッカー

【単体サービス】

出庫・帰庫時の対面点呼や遠隔地との電話点呼のアルコールチェックに利用できます。
アルコールチェッカーには、日時情報と検査結果が保存されますので、運行日誌や点呼記録簿に記載した検査結果とアルコールチェッカーのデータを照合して確認できます。

単体サービス

クリックで拡大します

【PC連携サービス】

出庫・帰庫時のアルコールチェック結果をPC経由でデータセンターに送信し、検査記録を自動的に記録・参照できます。
パソコンに接続するだけで検査結果が自動的に登録されるため、事業所内の運用にお使いいただけます。

PC連携サービス

クリックで拡大します

【ドラレコ連携サービス】

ドライブレコーダーの通信機能を利用して検査結果をデータセンターに送信します。

【ドラレコ連携なりすまし防止サービス】

車内カメラや事業所のWebカメラと連携することで、ドライバーの顔画像と検査結果を同時に登録し、検査のなりすましを防止することができます。

ドラレコ連携サービス

クリックで拡大します

ページのTOPへ